>
わんすてっぷ

わんすてっぷ

 「就労継続支援(B)型事業所」
私たちは障害を抱えていても自立と社会活動への参加を目指し、共同生活の中で生産活動を通じて生活習慣を習得できるような訓練を行っています。

わんすてっぷに通所希望する方は、市役所の認定を受けた後に通所することができます。
わんすてっぷでは、現在身体・知的・精神障害者が通所しています。
(定員20名)

 

「わんすてっぷ」のあゆみ
1999年11月 籠原にわんすてっぷ開設
2000年 4月 心身障害者地域デイケア施設として承認
2005年 3月 障害者自立支援法による就労継続支援(B)へ移行

 

わんすてっぷトピックス

2013年8月22日  ampかわいいサミット参加

2013年9月12日  わんすてっぷ日帰り旅行日光へ

 

 

 

わんすてっぷの活動

「わんすてっぷ」活動
≪販売≫
・わんすてっぷでは利用者による手作り品を販売しています。
 利用者によりビーズアクセサリー、コースター などバラエティーに富んだ商品を作っています。
・地域の方々からご寄付いただいた洋服、雑貨、食器などを格安で販売しています。
・野菜をO-K(Ohasi-Kanuma)農場での無農薬野菜を熊谷市役所販売で販売しています。
・熊谷市役所、深谷市役所の1階ロビーで出張販売をしています。
 わんすてっぷ2階の店舗で利用者が作成した手作り品、せんべい・クッキー、地域の方々から寄付をいただいた衣料・   

 雑貨等を販売しています。
 

 

 

 

 

わんすてっぷの手作り品等(平成24年6月15日現在)


















鍋敷き
¥350

手ぬい雑巾(絞りやすい)
¥100

刺繍ふきん(アンパンマン)
¥300

ティッシュケースカバー
¥300

エコバック(小)
¥200

エコたわし
¥ 100(2枚)

ポプリ
¥100

 

≪内職≫
内職を請け負って作業することで、共同作業の中で培われる助け合いとか、集中力の向上などの社会習慣を身につくようにしています。

≪レクリエーション≫
買い物やテーマパーク等に出かけ、団体行動を通じて交流をふかめ、コミュニケーションを図っています。

 

≪調理教室≫
利用者がメニューを考え、食材の調達から料理までの手順を踏むことで、生活習慣を身に着け自立生活に向けての生活習慣を身に着けるようにしています。

 

≪印 刷≫

わんすてっぷでは、印刷機1台とカラーコピー1台で地元の方からの印刷を承った
います。
お気軽にご相談ください。
今までのお客さまには
いきがい大学、キッチンママ、熊谷市スキー連盟、その他自治会、団体の総会資料等多数承っております。
 価格は モノクロ B5~A4:  5/1枚(用紙込)
          B4~A3:  7/1枚(用紙込)

     カラー  B5~A4: 25/1枚(用紙込)
          B4~A3: 40/1枚(用紙込)